So-net無料ブログ作成
検索選択
ストライクフリーダム製作記 ブログトップ
前の10件 | -

塗装中 [ストライクフリーダム製作記]

最近更新の期間が長くなって、ちょっと反省気味です^^;

プラの進み具合ですが、ストフリは塗装およびスミ入れ中です。
今回はスミ入れのふき取りに、綿棒ではなくガイアのハイフィニッシュを使用してみました。
使用感は抜群に良いです。
綿棒だとどうしても繊維が残ってしまったり、思いのほかふき取れてしまったりとうまくコントロールできなかったのですが、ウレタンのコシがちょうど良い感じでシャープな感じでふき取れたりと思い道理になる感じです。
スミ入れのふき取りに意外と時間がかかっていたのですが、作業もしやすく手放せなくなりそうです。
引き続き塗装を頑張っていきます。

次の作品の進行具合は、あまり進んでいません。ソール部分の形出しは終了しました。後はディテールと細部の詰めと表面処理に入ります。画像のほうはもう少ししたらアップできるのでは・・・・・。


ストライクフリーダム腕部途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

サッカーU-22の試合を見て消化不良なnoriです。
前回の日本での試合とは打って変わって、運動量がなさすぎ、中盤のパスミス、ラストパスの精度が悪すぎ、平山が動きすぎでボールが落ち着かずにリズムが悪すぎ、勝つには勝ったけどという試合でした。
今回の試合は内容よりも結果を求めた試合だと思うので、現実的な選択だと思いましたがミスが多すぎたのがちょっといただけませんでした。
しかし、調子が落ちている平山を相変わらず使い続けるのはどうかと・・・調子のよいほかのFWのモチベーションが下がるのでは・・・。思い切ってはずすということも必要だったのでは。

さて、ストフリの進行状況ですが腕部分が公開できそうなところまできたのでちょっと公開。


肘部分にプラ材でフレーム上のディテールアップ。内側も同様にプラ材でディテールアップ。後はスジ彫りをチマチマと掘り進んでいます。個人的にはあまりスジ彫りを多く入れるのは好みではないのであっさり目にしています。
ちなみに1/100のスケールでスジ彫りを入れると0.1mmの細さで入れても実スケールにすると10mmの幅があるわけで、あまり入れすぎると逆効果ではと考えていることもあります。あくまで、うるさすぎずに効果的に入れるのが模型的な嘘の使い方だと思っています。なので、スジ彫りをまったく追加しない場合もあります。
ビーム兵器が主体の場合は、装甲のつなぎ目がキチンと処理されていないと熱応力が集中して破壊する恐れがあるのでは・・・・。スペースシャトルなどの高熱にさらされるものは耐熱タイルを貼り付けてキチンと表面を処理しています。
まあ、プラモなのでリアルにこだわるよりもカッコ良いに振ったほうが良いんですけどね。
腕はもう少し表面処理などをしてから、武器と頭部にとりかかります。
もう少し作業のスピードを上げて、なおかつ精度を上がるように精進しなくては・・・


ストフリ途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

ストフリが何故かなかなか進まないnoriです^^;
そうは言っても手を動かさないことには始まらないので少しづつ腕の改修を
と言っても腕はディテールアップ中心です。
ディテールアップはセンスが無いのでほとんどやることは無かったのですが、今回は挑戦しています。
そこで、プラ板工作をするのですが、いつもは寸法を測って切って削ってをするのですがこんなものを作ってみました。

精度を上げるために治具を製作。当たり前のように作っている方も多いと思いますが自分としては画期的!
今までより精度が出てしかも早い!
冶具を作る手間を惜しんで今まではやらなかったのですが・・・自分のバカ^^;
急がば回れとはこのこと!?
で、肘部のディテールパーツを作りました。

これで、前腕のディテールアップもあと少し。上腕のディテールアイディアを寝ながら考えないと^^;


ストフリ途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

久々に時間が合ったので模型店に行ってみました。
久々ということで、ついつい色々と買い物を(汗

金属パーツのバーニアとパイプを買ってしまいました。ストフリに使えるかと思っていたのですが、バーニアはサイズが大きすぎてボツです^^;
パイプのほうは使用場所を考えています。
そのほかにもエバーグリーンの細切りプラ板や、ガンダムマーカーなど、思いつくままに買い物を。レジに行って金額でビックリでした(大汗
それから、模型雑誌も発売になりました。
ザクver.2のテストショットが出ていましたが、成形色になるとオモチャっぽさが多少解消されたようです。だた、もう少し細部のディテールなどにこだわって欲しいですね、そのほうがモデラーとしては遊ぶ余地があり楽しいキットにはなるんですが。
それから、次のMGはゲルググver.2ということですが、これは期待大です!今までのMGゲルはちょっと難ありキットだと思っていたので作っていないのですが今度こそ作りたいなと思います。ただ、作りたいキットが多く当分先の話ですが(汗
それから、アカツキは素晴らしくカッコイイです。スタイリングはMGに近いです。細部を煮詰めれば十分MGと並べられるクォリティーになりそうです。メッキなしキットを大いに期待します。

さて、ストフリですが。フロント・リアアーマーを弄っていました。
アーマー裏に入れるディテールの市販パーツで作ってみました。

上のほうは組み合わせで、下のものは中にエッチングパーツをいれ、白い部分はプラ板でディテールを追加しています。この部分は、完成してしまうとあまり見えなくなってしまう部分ですが、今回はちょっと凝った構成にしてみました。
それから、表側は

パネルラインを追加して情報量をアップしています。あまりディテールを追加するとうるさい感じになるのでこの程度で止める予定です。ディテールを追加するのもセンスがないのであまり入れるとごちゃついてしまうので自分の力量ではこれくらいです(汗
次は腕のディテールアップに突入します。


ストフリ途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

昨日までの作業状況はこちら


フロントアーマーとリアアーマー裏のディテールのアイディアがある程度まとまったので、下準備をしている最中に、上半身の改修に着手しています。
胴体部分については、出来がよいのであまり弄るところは無いのですが、最近のMGと同様に首の着く位置が前気味なので、フレームごと後ろオフセットしてみました。そうすると、フレーム上面のパーツ首前面がスカスカになるのと、後ろ側の襟のような部分がなくなってしまうのでプラ板で追加しました。写真で白い部分です。
さらに、エリ部分とダクト部分のパーツをウスウス攻撃をしています。
上半身の改修は以上で終了予定です。ディテール追加も考えましたが、自分の好みではないので今回は見送りにして、フロントとリアアーマーの改修に専念します。
アーマー裏のディテールに関しては完成時に公開しようと思います。


ストフリ途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

フリーダムにかかりきりだったのと、体調不良が続きなかなか作業が進みません^^;
久々にストフリを弄り始めました。
本日の作業は脚部の改修がほぼ終了したので表面処理をチマチマと
前回のフリーダムではタミヤのパテを溶きパテにして使用したんですが、サフを吹くとサフの溶剤分でヒケが結構出来てしまったので、今回はフィニッシャーズのラッカーパテを溶きパテにしてみました。
ネットなどの凄腕モデラーの方はすでに使っているようですが、それにあやかったわけですが、ヤスリがけをしたときの目詰まりがタミヤのパテに比べて激しいです。
水研ぎが基本なんですかね?自分は空研ぎがメインだったので使用感の違いに戸惑ってしまいました。これで、結果が良ければ良いんですが・・・。
最近はフィニッシャーズ使用率が上がっています。値段的にはちょっと高いですが使用感はとてもよいので値段には変えられなくなっています。
材料で気になるものは、今月末についに発売されるクレオスのMrカラーGXシリーズが気になっています。発売されたら試してみようと思っています。
明日からは腰アーマー改修に突入できるように頑張ります!
改修のアイディアがまだ無いので、工作に入るのは週明けくらいからですね


ストフリ途中経過 [ストライクフリーダム製作記]

久々の更新です。

フリーダムの塗り分けで四苦八苦していました。おかげで、来週中には完成するのではないかと・・・。今回は自分としては見所のある作品になるのではないかと期待していますが(汗

 

ちょっと前にホビー誌が発売になりましたね。気になる記事としてザクver.2が発売になるみたいですね。ただ、このキットは個人的には買わないリストに入っています。このキットを買って今出ているほかのMGとのギャップの差が大きすぎで並べて飾るのはつらいかと・・・。確かにアニメのラインを忠実に再現しようとしているし、可動範囲も驚くほど広く好キットになるとは思われますが、買うとしてもザクを作る骨格としてでしょうね。

それよりもようやく発売になったエルガイムMk.2です!かっこよすぎですね。これはぜひ作りたいキットにランクインです。HMの表現はガンプラと違って確立していないので悩みどころですが、素組で作っても十分なクオリティーですね^^

あとはHi-νです。モデグラでは必ずあると思っていたν基準のカラーリング。これもメチャクチャかっこよかったです。ただ、自分のイメージのνとは違うので弄りがいのありそうなキットです。ただ、ファンネルのことを考えるとちょっと尻込み中です^^;

 

さて、本題のストフリですが現在足を弄っています。

改修した腿の部分と脛の部分にC面を加えて、つま先を延長しました。その際にはこうの取り付けをフリーダム風に変えています。それからサイドにスリットを加工してフレームがチラリと見えるようにしました。その部分はプラの肉厚ではなく、薄い装甲に見えるように削り込んでいます。後は、細かディテールを加えて表面処理をすれば左足は終了です。その勢いで右足の改修も頑張ります。

なかなか進みませんが、気長に付き合ってやってください(汗

 


ストライクフリーダム途中経過3 [ストライクフリーダム製作記]

3連休はスキーに行ってきました。

今年は暖冬ということもあり、なかなか行く機会にも恵まれず未だにそれほど滑っていません。そのせいなのか、3日目に膝が悲鳴をあげて敢え無く撤退してきました^^;

カービングの前の板に乗りなれている自分としては、カービングスキーで滑るとどうも膝に負担がかかるようで、板を買い換えてからは毎年こんな感じです;;

スポーツジムで筋力アップを計らないと年には勝てないんですかね?

 

話は変わって、ストフリの途中経過です。

当初の計画通り、足をマッシブにするべくエポパテを盛りまくりました。それから、形出しをおこなっている最中です。全体のバランスを見るために一度はめてみたところです。

エポパテで大雑把に形出しをして、ポリパテで足りない部分や削りすぎた部分を修正してます。まだ、面取りや細かいディテなどは入っていませんが腿と脛の部分はアウトラインはほぼ決定です。

膝の部分にはプラ板でボリュームアップしています。膝の白い部分はダクトを市販パーツに置き換え、この後、ボリュームアップも行っていきます。

足のスリッパの部分は形状を変えようと思っていますが、方向性とデザインはこれから作業しながら考えるところです。

 

あと、フリーダムですがこちらはブルーの部分まで塗装終了しました。後は白の部分を塗装して、細かい塗りわけとすみ入れが待っています。多少ペースアップして頑張ろうかと^^;


ストフリ仮組終了 [ストライクフリーダム製作記]

まずはフリーダムの途中経過から

現在、紺色部分が塗装終了。残るは青の部分と白の部分。そして、塗り分けが・・・マスキング地獄;;

青の部分は塗装に悩んでいます。普通はコバルト+蛍光ピンク+白で塗装しているようですが、何となく自分のイメージから離れていて・・・

どちらかというとコバルトというよりも、ウルトラマリンに近いイメージがあるのですが。そんなわけで、テストピースで塗装してみました。

ベースはフィニッシャーズのスーパーファインコバルトをベースにしています。もともと発色の良い塗料ですがさらに発色を上げようとガイアの蛍光クリアーを入れてみました。結果はスーパーファインコバルト単色よりも蛍光クリアーを入れたほうがイメージに近いようです。さらにウルトラマリンを加えるとより鮮やかな青になってよい感じですね。今回はコバルト+ウルトラマリンで決まりにしようと思います。ちなみにウルトラマリンは模型用塗料ではないので模型店では売っていません。

 

それから、仮組の終了したストフリです。

雑誌のインプレッション道理かなりスタイリッシュですね。伊世谷版ストフリの影響がかなりありそうなディテールとプロポーションです。

個人的には上半身とドラクーンの大きさに下半身が負けているような感じがするので、改修は下半身中心にやろうと思っています。

ドラクーンなどは改修すると収拾がつかなくなるくらいの構成なので後ハメだけで終了ですね。

ディテールアップは今考えているところです。

暫くは改修ポイントとディテールに頭を使いそうです^^;


前の10件 | - ストライクフリーダム製作記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。